プラスチック産業資材新聞 樹脂の高機能化用 グラフェン添加剤発売

グラフェンプラットフォーム(株) は、世界初となる量産用のグラフェン樹脂添加剤「グラフェンナノハイブリッド®」を開発し、出荷を開始した。
「グラフェンナノハイブリッド®」は、樹脂の成形時に添加使用することにより、グラフェンが元来もっている高強度、高伝熱性、高電気伝導性などの極めて優れた物性が樹脂に付与され、新しいハイブリッド高機能化樹脂が得られる。
グラフェンは、地上で最も薄い物質であるため手のひらに乗るほどの量(20グラム)で東京ドームをすべて覆い尽くすだけの表面積(約5万平方メートル)があり、グラフェンを樹脂の高分子鎖の間に細かく高度に分散させることは技術的に極めて難しく、現状では研究論文より一ケタおちる性能の試料的な製品が幾つか海外で発表されているだけで、これらの製品を工業レべルの量産に適用することは、性能的にもコスト的にも難しいとされてきた。こうした中で、グラフェンプラットフォーム(株)は、世界初の量産用グラフェン樹脂添加剤「グラフェンナノハイブリッド®」の開発に成功した。
同添加剤は、ベース樹脂中にグラフェンを高濃度(5~20重量%)に閉じ込めたマスターバッチ形態になっているので、供給・成形面の取り扱いが容易となる。
当面はポリプロピレンとポリエチレン用の出荷となるが順次対応樹脂の種類を増やし2015年度から3年間で約50億円(PE用で1キロ当たり千円の)売上高を目指す。

-2014年8月15日 プラスチック産業資材新聞 記事より-

プラスチック産業資材新聞に、当社の記事が掲載されました。
詳細については、下記をご参照ください。